地獄より這い出したゴルゴンゾーラの憎悪パン




ああ…。
なんで私はいつも肝心なところで「適当」に手抜きしたり、無駄に冒険してしまうんだろう…。


一呼吸落ち着いて考えてから行動できるようになりたい。




20151114092919630.png


前回のパン作りが自分の中で上手くいったので、忘れないうちにもう一度同じ配合、倍量で作ってみました。



※自分用覚書はピンク色
<ほうれんの草カレーパン>
前回美味しかったカレーパン♪
鯖カレーじゃなくて豚汁から盗んだ豚肉とほうれん草とクミンたっぷりの普通のカレー。
包み込む時記事を伸ばすけど、やぶれちゃうから真ん中あたりは薄くしすぎない。
あとカレーのついた手で生地を触らない。
欲張って具を入れすぎるのもだめ。





20151114092441592.png
<胡桃とゴルゴンゾーラのパン>
地獄のような禍々しい見た目のパンが焼きあがった!!(゜谷゜;)
胡桃・ゴルゴンゾーラ・牛乳・ラム酒・蜂蜜を混ぜて作ったソースをパンの中にいれたかったんだけど…
よく考えたらソースなんて包めるもんじゃないよね 笑
案の定水分だからもう生地がびしょびしょ。
全部丸ごとびしょびしょ。
どうしようも無くなって練りこむことにしたら、今度はまとまらずベッチャベチャ。
とにかく必死に捏ねなおして中力粉を塗してなんとか棒状にして巻きつけるような(絡みつく憎悪のような)成型をしてため息…(・・`)
ふわふわどころの少ない成型のせいも相まってか、指ではじくと「コンコンッ」って音がする表面がカチカチのパンに焼きあがりました。

トーストして試食したらずっしり系ではあるけど、中はまだもちっとふわっとはしていました。
あと味は胡桃とゴルゴンのお陰でほんっとに美味しかったので余計にくやしいー!
次回は具を入れるタイミングをちゃんと調べる。
ラム酒がそこまで目だってなかったようなきがする。
折角の胡桃のパンだから、次ぎはふわふわ部分が多目のすこし大きめで焼く。





<黒胡麻丸パン>
これもなんで1次発酵後に黒胡麻を練りこもうと思ったのか…orz
しつこくしつこく捏ねて混ぜ込んだので、他のパンよりハードになりました。
失敗の癖にこっちも具の力に助けられて美味しい 笑
黒胡麻ってなんでこんなに味わい深いんでしょう。
生地作りの時点で黒胡麻は混ぜ合わせる!



20151114100522479.png
<メタボリックパン>
会社に持っていきやすいサイズ。
なにか具をはさみやすいサイズのパンを2個作っておこうとコッペパンのような成型をしてみましたが、
なんかおもってたんと違う膨らみ方をしやがりました!!!
ちょ、ちょっと丸々しすぎよ!!!
クープも開きすぎ??っていうかシャツのボタンがはじけとんだみたいになってる。
このパンだけ初めのパンが焼きあがるまで、二次発酵時の常温待機時間がだらだらと長かったのです。
最後には見た目にもだれてきていたので過発酵という状態になってたのかなあ?(@w@)??わかんない。
またしても適当に俵型にしたので、成型の仕方を調べて作る。
変な丸め方してるから、変に膨れちゃったのかもしれんし。
2個で生地の全体量の半分のを使用したのですが私には大きかった。
次回は3個分位に分けて安心して具を挟みたい。






やーー、つやつやで見た目も面白いパンが沢山できちゃったなあああ~~^p^




全体的にもちっとした生地なのですが、もっとふんわりさせるには捏ね上げ温度が重要らしい。
今度はこたつの暖かい部屋でボール内で捏ねてみようかな。
100均のシートを敷いてこねているんだけど、シートが1動作ごとに一緒に動くから、捏ねる作業ががびっくりするくらい大変。
どんどん奥に移動していくシートと生地を押さえつけておかないといけないから、手も無駄につかれちゃうのです。





スポンサーサイト

テーマ: 料理 | ジャンル: 趣味・実用

ミックスビーンズでサラダ!/キャラメルチョコバナナパンケーキ/牛肉と牛蒡の和風パスタ | Home | ゴルゴンSPソースのしめ鯖オープンサンド/玉葱と蓮根のかき揚げ/焼きしめ鯖とアボカドの洋わさび和え