FC2ブログ

9人で小さなアパートに住んでいます。すごい面白い状況です。

神戸スゥィーツ ポテトたっぷりパイ

 4
 0


2016年1月31日(日)


1月最後の晩ご飯後のおやつおやつ。

神戸スゥィーツ ポテトたっぷりパイ

20160131205204579.png

阪神製菓株式会社サンローゼのお菓子。
うん、どこよそれってなったわ。
でも会社の公式サイトのお菓子紹介をみてたら、


「あっ、これも、これもスーパーでみたことある気がする('o゜)」


と、記憶の片隅を刺激されて面白かった。
特に和菓子の漠然と見たことある感がすごい。


万代で138円でごろごろ並んでた子を一個買って帰ってきたの。
林檎だけのやつと、このポテトのやつの2種類あったんだけど、
チヨヨは欲張りなのでこっちをチョイスしました。




20160131205235974.png

かなりでかいので器用に半分に割る。
片割れは明日の夜のおやつ。
こればっかりでカロリーとりたくないねん。
他のお菓子も食べたいねん!!



口コミ評価をみてたらポテトの味がしないとか、パイ生地がだめだとか結構くそみそに書かれたこの子ですが
芋自体の甘さもあるし、林檎もしっかり香ってて意外と美味しいよ??
ちゃんとした煮リンゴが一杯入ってて、ポテト部分もカスタード系?のクリームと層になっていて、かなり凝ってる。


でもパイ生地に妙な癖があって苦味があるっていうのには激しく同意した。
なんだろう、この味。
淡白なくたくたしなしなのうっすいパイ生地はかなり残念。
切れないし、パイじゃなくて重ねた春巻きっぽい(これはこれでありなのだろうか)



チヨヨは知っている。


こういうのは魚焼きグリルでもっかい焼けばいいんだってね!!!!


市販のクッキーとかパイの実、ポテチまでも、お菓子は焼きなおすと結構化けるんだよ。


280度でサッと早焼きしたら、底の方の生地は微妙に救えませんでしたが、側面のパイ生地からはちょっと油分がでてパリッとサクッと。
そんで暖めたことによってポテト&林檎の甘みもつよくなって、焼きたてのケーキの香りがしっかりしてる!!!


とりあえず勝利!!



わーい、138円の価値がちょっとあがった~~い いええいいー!


うん、これまた食べたいよ。
大丈夫だよ、食べたいよ。
っていうかでかいし満足できる。


これは甘いお菓子だから、チーズリッツと海鮮煎餅も一緒に頂きました。
お菓子のたべあわせが酷いのは通常運行なのでつっこまないで。

スポンサーサイト



4 Comments

There are no comments yet.
Pママ  
No title

苦味のあるパイ生地って・・・・(汗)

重ねた春巻きっぽい感じのやつありますよね~。
それ普通はなしでしょう。

そうそうこんな時はグリルやオーブンで温め直しで
すよね。

レンチンじゃしなっとさに拍車かかっちゃう。

甘いお菓子に塩味のお菓子のルーティーンって
酔っ払った時の私の得意技ですけど・・(笑)

今朝は朝からキッシュでした。
簡単にに感化されやすい私・・・(汗)

2016/02/03 (Wed) 10:36 | EDIT | REPLY |   
チヨヨ  
Re: No title

>Pママさん

なんの苦味なんでしょうね。
すごくきになる!って程じゃなかったので、なかの芋とかのお陰で普通に美味しく頂けてよかったです。
グリルでパリッと復活はつかえますよねー。
そうそう、レンチンだと台無しに…。

Pママさんのキッシュみてたらまた作りたくなってきましたー!
まだこないだの残りがあるので、それを食べて気持ちをごまかそう…。
次作るときはしっかり折り込みパイ生地にしたいっ(^^)d

酔っぱらいのお菓子を食べ続けるPママさんをみてみたーい(笑)
どうしてもスマートに食事するイメージがあるので、だらだら食べ続ける姿って想像できないのです。

2016/02/03 (Wed) 11:11 | EDIT | REPLY |   
あんちょび  
No title

Pママさんに
激しく同感( ´艸`)↑↑↑

私も酔っぱらうと
お新香→チョコのルーティーン(笑)

2016/02/03 (Wed) 20:44 | EDIT | REPLY |   
チヨヨ  
Re: No title

>あんちょびさん

Pママさんも、あんちょびさんも酔っ払ってそうなるんでしょー!?
私はしらふでそれが止まらないので目も当てられませんよ!!

っていうかお新香とチョコってなんだそれ、なんだそれ。
その食べ合わせもなかなかのものですね 笑

2016/02/03 (Wed) 20:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © チヨヨの日記帳 All Rights Reserved.